yumiko55’s diary

子育てが一段落、自由に書くブログ

築50年オーバーの家④ 風呂脱衣所の床を直しました

1か月以上のリフォームの最後は、風呂脱衣所の床です。以前、洗濯の排水が漏れたときに風呂場の入り口に穴が開いていたので、それの補修です。

 

排水の漏れがある以前から、床がフワフワしていて「ああ湿気で床が傷んでいるんだな…」と思っていました。それが、排水の漏れで床をめくった時に思いのほか痛みがひどく、結構な穴が開いていたのでこれはリフォームしてもらわないといけない、と今回業者さんにお願いしたのです。

 

 

yumiko55.hatenablog.com

f:id:yumiko55:20220416211107j:plain
f:id:yumiko55:20220416211128j:plain

 

床がフワフワしているので、上からベニヤ板を置いて隠していましたがもう隠していても仕方がないほどひどくなっていました。

なるべく、上に乗らないように気を付けて風呂に入っていました。でも、濡れた足で通るのですから多少は水がかかります。洗濯機もそばにあるし、湿気はどうしても防ぎようがなかったと思います。

 

どの程度の床をはがして直すのかが心配でしたが、そこまで大きく床をはがさずに直してもらえました。手際よく、やはり職人さんですから大体の予想がついていたようです。

f:id:yumiko55:20220416212235j:plain
f:id:yumiko55:20220416212343j:plain

 

まさかの白アリの被害でもあったらどうしようかと思いましたが、それはなかったらしく長い間の老朽化だったようです。

それと、風呂場の入り口のドアから水がしみているようですが、今回そのドアもやり直すことはしませんでした。本当ならパッキンが傷んでいて出来るだけ早いうちに交換した方がいいのですが。

 

それにしても、さすが本職さんなので1日で直していただきました。晩には風呂に入るのは難しいかなとおもっていましたが、夕方5時ころには終わって出来上がってしまいました。

f:id:yumiko55:20220416212433j:plain

もう、床がフワフワしないし気をつけて風呂から出ることもありません。

 

築50年を超えているので、それはあちこち古くなって交換した方がいいところもたくさんあります。ですが、そこまでの予算がないのでこのくらいで丁度よいかと思います。

 

脱衣場床補修

床解体・処分  ¥25000

床下地     ¥36000

クッションフロア貼り  ¥35000

消費税10%  ¥9600

合計     ¥105600

 

以上の内容でした。

 

人件費はここには含まれていません。ほかの外壁塗装の分と合わせて請求が来ますが、最初の見積もりよりだいぶオーバーしています。しかし、出来栄えには大変満足しているし、周りの人からも「きれいになったね。」と声をかけていただきます。

まだまだこの家に住むのですから、少しでも長くきれいに住みたいし快適に過ごしたいです。

 

もしほかに補修が必要になったら、またこちらの業者さんにお願いするかもしれません。

 

 

yumiko55.hatenablog.com

yumiko55.hatenablog.com

yumiko55.hatenablog.com

スポンサーリンク