yumiko55’s diary

子育てが一段落、自由に書くブログ

築50年オーバーの家② 綺麗にお化粧直し中

リフォームが始まって10日以上たちました。外壁塗装はほとんど終わって、次はベランダの防水加工です。

ベランダの手すりのさびや腐食、防水シートの劣化が1階への雨漏りの原因になっています。この家に引っ越してきてから、度々大雨の時に出窓付近から雨漏りして壁にシミができてしまいました。

それまでは、主人が手すりの根元や防水シートのめくれたところをコーキングして対処してきましたが、いよいよひび割れが酷くなってもう素人には難しくなりました。

この辺かな?とコーキングしても結局雨漏りするので、解決できないまま20年くらいたってしまいました。

「もっと早くにしてもらえば良かった…。」

 

これが口癖になってしまいました。

 

f:id:yumiko55:20220228111236j:plain

f:id:yumiko55:20220305165433j:plain

f:id:yumiko55:20220305165458j:plain

 

それでも、今回のように思い切って塗装や防水加工をしてもらって綺麗になれば、ステイホームも悪くない気がします。

 

パートから帰ってくると、主人の「今日はここをこうやってきれいにしてくれた。」と報告があります。

毎日、業者さんにコーヒーを持っていっていろいろ話を聞いたり、進捗状況を聞いているみたいで、私はそこまで詳しく聞こうとは思わないですが、一方的に状況を説明してくれます。

 

それにしても、工事の途中で一度雨が降った日があり、その晩また1階の窓際から雨漏りしてしまって慌てました。

シートをかぶせてくれていても、屋根からの雨水が勢いがありすぎて、いつも雨漏りするところに漏れてきてしまいました。

最近は、雨が降るときにはスマホのアプリでも強い雨が降る予報が出されるので、心配です。

 

 

 

きれいになってくると、いろんなところを直したいという欲もでてきて、勝手口のドアや玄関扉も交換したくなります。壁が新しくきれいになっても、ドアが古いままなのはバランス悪いような気がして、そこも交換してもらう事にしました。

 

古いドアは断熱加工もなにもないので、玄関は冬ものすごく寒い空間です。そして、夏になるとドアが日差しで熱くなり触れないくらいでした。車のボンネットくらいでしょうか?

 

断熱加工のドアに交換すれば、冬の寒さや夏の猛暑も少しは和らぐように期待しています。最近の光熱費もばかに出来ないですから…。

 

 

yumiko55.hatenablog.com